ANA

大阪国際空港

大阪国際空港こと伊丹空港は現在 リニューアル 工事中で
グランドオープン するのは 2020 年の予定となっています。
しかし先日一部が先行開業し
連休中は飛行に乗らない人でに賑わったそうです。

私は連休前に覗いて来たんですが
確か リニューアル 工事が始まったのは 2016 年からで
そうなると最後に伊丹空港へ行ったのは・・・
調べてみると 2011 年 8 月でした。

もう前過ぎて以前はどうだったのか覚えて無いんですが
確か展望 デッキ への入り口がある フロア に
空港グッズを取り扱う売店みたいなのがあったんですけど
すっかり無くなっていました。
今後 リニューアル が完了すると復活するかも知れないので
またその頃に散策したいと思います。

伊丹空港

伊丹空港伊丹空港伊丹空港

A320neo

ANA が日本の航空会社で初めて発注した
エアバスA320neo が フェリーフライト を終えて
17 日に羽田空港に到着しました。

今回導入した機体は
P&Wエンジン を搭載する 146 席仕様で
ビジネス8 席/エコノミー138 席
となっています。

今回の A320neo は 7 機が発注され
2018 年にかけて順次受領する予定となっています。
この他にも以下の 33 機を導入する予定となっており
JAL より エアバス 比率が高くなっています・・・
と言うより JAL は エアバス を入れてないだけなんですけどね(笑)

A321ceo : 4機
A321neo : 26機
A380 : 3 機

161217_0917_A320neo_ana-640


政府専用機

2019 年から運用が予定されている
新型の政府専用機の姿が キャッチ されました。
新型は 777-300ER 型が ベース となっています。

ER 型は 300 型の航続距離延長仕様で
747-400 型の後継機として開発され
ローンチカスタマー は日本航空となっています。

新型になっても
日の丸を モチーフ にした カラーリング は同じですが
双発機になった分曲線を多用した スマート な デザイン となっています。

政府専用機

高麗航空

ANA が客室乗務員の採用を
26 年度から契約社員を廃止し
正社員に切替えると発表しました。

所で日本の航空会社は主に
JALグループ と ANAグループ に分けることが出来
これに LCC などが加わり
選択肢はかなり広いと思います。

実はあの北朝鮮にも
"高麗航空" と言う航空会社が
1 社だけ存在しています。
国際定期便として以下の 5 ヶ国へ就航し
その他に不定期便や チャーター 便を運行しています。

・中国(上海、北京、大連、瀋陽、ハルビン、延吉 )
・ロシア(モスクワ、ハバロフスク、ウラジオストク)
・マレーシア(クアラルンプール)
・タイ(バンコク)
・クウェート(クウェート)

この高麗航空
イギリス の スカイトラックス が行った調査によると
予想通りの "1つ星" でした・・・。

顧慮3顧慮2

ターボファンエンジン

ターボファンエンジンで
最も負荷の掛かる所はタービンブレードであり
最も破断し易い部分でもあります。
1回の点検でエンジン1機当りおよそ70枚が交換されるなど
消耗部品でもある訳ですが
軍事転用可能なことから製造技術は国家機密に指定され
詳しい仕様は公開されておらず
非常に高価なパーツとなっています。(1枚約70〜200万円)

27日に伊丹空港へ緊急着陸したボンバルディアDHC8-314も
多数のタービンブレードが破断していたそうです。
今後詳しく解析されると思いますが
恐らくタービンブレードの1枚が破断し
その破片が周囲のブレードを破壊したのではないかと思います。

それよりエンジンが1機でも
何事も無かったように着陸出来た裏には
コクピットでエンジンの異常を検知し
パイロットがエンジンを停止して火災を防ぐ・・・
というプロセスが確実に実行されたことを忘れてはいけません。

ちなみに
エンジン1機でも安全に着陸可能なように設計されいる上
エンジンの信頼性は年々上がっており
エンジンが2機とも停止する確立は100億分の1とも言われています。

DSC03500small





千里川堤防

伊丹空港の千里川堤防では
頭上をかすめてランウェイ32Lへ着陸する
迫力の映像が撮れるんですが
行く度に風が強く
思うような映像が撮れませんでした。

しかし先日
やっと無風に近い気象条件に巡り合い
初めて納得の行く映像が撮れました。
いろいろ説明するよりも
映像を見てもらった方が早いと思います。

1:JAL エンブラエル170 ( JA218J )
2:ANA ボーイング 777-300 ( JA754A )
3:ANA DHC-8-402Q  ( JA847A )
4:ANA エアバス A320-200 ( JA8997 )
5:JAL わくわくアロハジェット (JA8981)
6:千里川堤防

今回の撮影機材は Panasonic DMC-TM30 で
ワイコンは使用していません。











モハベ砂漠

航空機の工場といえば
エアバスのトゥールーズ工場や
ボーイングのシアトル工場が有名です。

しかしそれらの工場で製造された航空機は
最後はどこへ行くかご存知でしょうか?
航空機は
旅客機で20年
貨物機で30年でその寿命を迎えます。
メンテナンスをすればそれ以上でも使用出来ますが
コストを考えると退役させて
新型を入れた方が安く付きます。

その寿命を迎えた航空機は
カリフォルニア州にあるモハベ砂漠へ集められ
リサイクル可能なパーツを外した後
解体されます。
DVDにはANAの747SR-100が解体を待つ様子が収録されており
機体に書かれた寄せ書きもそのまま残っていました。
寄せ書きのある機体は他には無く
日本人の"物"に対する愛着が伺えます。

※映像とDVDの内容は異なります

P1030446














エアウィーヴ

ここ数年マットレスや枕は
低反発素材が人気を集めて来ました。
まあその人気は現在も続いていますが
ここへ来て「エアウィーヴ」なんて言う新勢力が登場しました。

この素材は
細いポリエチレン繊維を三次元的に絡み合せて溶着させた物で
低反発素材以上に体重分散に優れ
腰への負担を軽減してくれます。
また通気性も良く湿気がこもらない上に
マットレスでありながら丸洗い可能です。
既にANA国際線のファーストクラスに採用され
徐々にその勢力を拡大させつつあります。

値段は
幅50cm長さ170cmの物で¥22000からとなっています。
”自宅でファーストクラスの寝心地を・・・”
少々値が張りますが
人生の1/3は寝ていると言われているだけに
値段に見合うだけの価値はありそうです。

001

羽田 ANA機体メンテナンスセンター (続)

ANAの許可が取れたので画像をアップしたいと思います。
今回ドッグ入りしていたのは
B-767 ×2機
B-737 ×1機
B-777 ×1機
でした。

767はデッキから眺めるだけでしたが
737、777については
下まで降りて間近で見ることが出来ました。
ちなみに今回は
4機もドッグ入りしていましたが
全く無い時もあるそうです・・・。

コクピットの画像は
91年まで使用されていたトライスターのフライトシュミレータで
現在はロビーに展示され
自由に触ることが出来ます。
カップホルダーの上に灰皿がある所が
歴史を感じます。
これと同じものが
機長・副操縦士側にもありました。
現在では考えられませんね〜。

使用機材:Nikon D5000

767737_777777





777_ENトライスターパイロットトライスター航空機関士





737

羽田 ANA機体メンテナンスセンター

奈良を下洛して東京へ下ってきました。
今回の一番の目的は羽田空港にある
日本航空の機体工場の見学です。

普段は
飛んでいるかデッキから眺めるかしか出来ない機体を
間近で見られる数少ないチャンスなだけに
修学旅行の団体に混じって
一般見学者もちらほら見えました。
まあ僕も
その「一般見学者」になるんですが・・・。

この見学の良い所は
「撮影禁止」なんてケチな事は言わず
全て撮影可能で
ブログなどへの掲載も基本的に可能だと言う事です。
しかし
・顔の判別が可能な人間が写っていない事
・ANAの許可を取ること
などの条件があるので
許可が取れ次第
アップしたいと思います。

毎回下京するたびに変化があり
今回も
メトロのCMが「宮崎あおい」さんから
「新垣結衣」さんになっていました・・・。
下のCMは「宮嵜あおい」さんバージョンです。



訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ