BMW

ヤナセ

ヤナセ は キャッチコピー として
"車は作らない・・・" を使用ていますが
1915 年の創業当初は トラック や バス を製造していました。

自動車の輸入事業を始めたのは 1919 年からで
胡蝶蘭の生産など多角化した時期もありましたが
現在は全て撤退し メイン の自動車の輸入車事業も
フォルクスワーゲン や アウディ などの輸入権を手放し
間近の販売台数に占める中古車の割合が 45% にも達しています。

先日の報道で伊藤忠の子会社になる事が発表されましたが
しかし 2003 年から伊藤忠の傘下で経営再建を行っていました。


レンジエクステンダー

レンジエクステンダー と言われると
聞きなれない言葉ですが既に実用化され
BMW i3 や シボレー ボルト
先日発売された日産 ノート などが搭載しています。

要するに エンジン を発電機として使用し
発電された電気で モーター を回して
車を動かす システム で
バッテリー だけの EV と比べて
航続距離を飛躍的に延ばせると同時に
バッテリー 残量を気にしなくて済む メリット があります。

究極の エコカー として
燃料電池車が実用化されていますが
インフラ 整備なども含めて
これから 10 年後にどれくらい普及しているかと言われれば
今よりは普及しているでしょうけど
やはり レンジエクステンダー や プラグインハイブリッド の方が
遥に普及していると思います。

ちなみに マツダ は ハイブリッドシステム を
トヨタ から供給を受けていますが
しかし ロータリー を使用した レンジエクステンダー を開発していて
スカイアクティブ と組合わせた独自路線が期待出来そうです。

kl120604

yk_notee-power

名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2016

以前は大阪でも開催されていたのですが
最近は東京や名古屋だけの開催となってしまいました。

まあ往年の名車を集めた イベント で
半世紀以上前の自動車が
実働状態で保存されていることに
オーナー の情熱が感じられます。

国内では若者の車離れなどと叫ばれていますが
フェアレディZ の原点でもある ダットサン フェアレディ などを見ていると
良くも悪くも大らかさが感じられ
自動車とはこう言う物だったと言う事を思い出させてくれます。

単に安ければ良いとか
ワンボックス や 軽自動車へ シフト するとか
そう言う事では無くもう一度よく考えて欲しいと思います。

DSC_0218

DSC_0208DSC_0292DSC_0326

DSC_0373DSC_0360DSC_0267


S-FR / FT-1

FT-1 と S-FR の コンセプトモデル が展示されており
特に S-FR は ファニー な ルックス とは裏腹に
GTウイング などを装着した スパルタン な レーシング 仕様とあって
市販後の発展に期待させられます。

元々 86 は若者向けに価格を抑えた仕様だったはずが
実際は 200 万円台半ばからと言う価格設定となり
購入しているのは中高年が中心と言う現状から
S-FR は 200 万円を切る価格からにして欲しいですね。

FT-1 は スープラ の後継で
BMW と共同開発だと言われており
300 万円台後半からの価格設定になるでしょう。

DSC02378

DSC02368DSC02370DSC02372


クラブマン

クラブマン も
ドア が 1.5 枚分大きくなって 5 ドア となり
形に見合った使い勝手が出来るようになったと思います。
リア 周り も
縦型の コンビランプ から
横長の コンビランプ になり
この辺の デザイン も
日本車では出来ない粋な仕上がりになっています。

しかし展示車両は
500 万円弱と言う価格設定となっており
BMW の強気な姿勢が伺えます。

確かに デザイン や性能は価格に見合った
プレミアム な物となっていますが
その プレミアム な部分に
日本の使用環境に対する耐久性も追加して欲しい物です。

P1030785


G310R

大型自動二輪枠しか無かったBMW から
排気量 313cc の G310 が発表されました。
既に ラインナップ されている S1000R を
小排気量化した感じで
ストリートファイター とも呼ばれています。

アジア 圏では排気量 400cc 以下の市場規模が大きく
それを狙っての投入と見られ
日本への導入は未定ながら
HP には詳しい仕様などが掲載されていたので
導入されるのは確実だと思います。

しかし日本でも
特に 250ccクラス の市場が熱くなっており
ブランドイメージ だけでは厳しい様に感じます。

g310r3


クラブマン

新型 クラブマン の日本仕様が発表されました。
新型は 5ドア となり
ボディー も一回り拡大した事から
ステーションワゴン としての使い勝手が
向上しています。

また特徴的だった左右非対称の
観音開きの バックドア は
左右対称となり デザイン の統一が図られています。
エンジン は ガソリン のみの設定で
344 万円からとなっています。

クロスオーバー から始まった
MINI の 5ドア 化
今回の クラブマン で
フルライン が揃ったのではないでしょうか

mini-f54-clubman-01

i8

現行型の BMW の キット は皆無で
先日制作した B6クーペ も
20 年以上前に発売された キット でした。

しかし ドイツレベル から
現行型の i8 が リリース されました。
i8 は次世代 スポーツカー として開発され
フロント に モーター
床下に リチウム 電池
リア に 1.5Lエンジン を搭載する PHEV です。

キット は
あの特徴的な フォルム を見事に再現し
左右の ガルウイング や リアハッチ の開閉も
可能となっています。
また組上げると見えなくなる
フロント の モーター 部分まで再現されています。

レベル に限らず
海外の キット は
パーツ の精度が イマイチ なのですが
最新の キット とあって
10 年前の タミヤ くらいの精度だそうです。

DSC09012DSC08735

BMW を作る

あの エンスー でも素組でありながら
ここまで持って行けるものだと
我ながら感心しています。

技術のある モデラー からすれば
全く出来ていないのかも知れませんが
個人的には満足しています。

現在の加工精度で
もう一度製品化して欲しいですね〜。

B7 クーペ

B7 クーペB7 クーペB7 クーペ


BMWを作る

ボディー と シャーシ を合わせてみました。
ここまで来るとほぼ完成です。

次回は
まとめ動画と一緒に ポートレート を投稿して
終了としたいと思います。

DSC01301

BMWを作る

ドアモールド と リフレクター に
アルミフィニッシャー を貼りました。

リフレクター は塗装でも再現出来るのですが
乾かすのが面倒なので
フィニッシャー を使用しました。

流麗な クーペ が形になってきましたね〜
あともう一息です!

DSC01236DSC01255

BMWを作る

モールド 類を マスキング して
ウレタンクリアー を吹きました。

ウレタンクリアー は濃いからなのか
吹きっ放しでも
この艶です。

DSC01148DSC01185

BMWを作る

内装を仕上げて
ボディー に サフ を吹きました。

この時期は
梅雨の晴れ間とは言いつつ
雨上がりは湿気が多いので塗装出来ず
製作の踊場になりそうです。

DSC00992DSC00995

BMWを作る

前回 パテ 埋めをした座席などを塗装しました。

ボディー を濃い メタリックブルー で塗装するので
キャビン は タン を選択しました。

リアシート の バリ 取りが不十分かつ
色のはみ出しがあるものの
パーツ の下に隠れるので
まあ良いでしょう(笑)

DSC00974DSC00982

BMWを作る

いよいよ キャビン の製作に掛かろうと思います。
フロントシート は
シートレール まで再現されている反面
カーペット は付属していないので
ボコボコ した床板が アンバランス です。

まあカーペット は
紙やすり利用すると加工も楽で
それなりに見えるので良いんですけどね。

シート 自体も合わせ目等が目立った為
ポリパテ で埋めました。

P1060074P1060078

BMWを作る

リアアクスル と 補機類を
取付けました。

アクスル の方は
左右の長さが異なっていたので
少し調整が必要だったものの
概ね合いは良好だと思います。

P1060055P1060051

BMWを作る

フロントアクスル を仕上げて
エンジン を搭載しました。

残念ながら エンジン の補器類が
ボンネット と少し干渉しているので
調整が必要です・・・。

しかしエンジン が組み上がった状態で
調整するのは面倒なので
見えない ボンネット 裏の パーツ を省いて
何とか収めようと思います。

P1060026P1060024

BMWを作る

シャーシ や エンジンルーム を塗装しました。

一応塗り分け指定があるものの
曖昧な指定なので作例などをみつつ
勝手に塗り分けました。

まあ裏側なんて
基本的に見せないので
気にしなくても良いんですけどね・・・

P1060007P1060002

BMWを作る

3.4Lターボエンジン が組みあがりました。
この時点では
まだ サク っと組めています。

本当なら仮組みをして
パーツ を調整してから組むべきなんでしょうけど
これまで何とかなったので
今回もこのまま頑張ります。

次回は シャーシ の塗装をして
エンジン を搭載する準備をしたいと思います。

P1060014

BMWを作る

ジャガー の次の ネタ は
BMW B7Turbo Coupe です。
BMW の キット は数が少なく
今回の キット は中古で入手した
フジミ の エンスージアストモデル です。

エンスージアスト は
誰もが認める意欲作ではあるものの
パーツ点数/精度 や材質の低さから
その悪名を轟かせている キット です。
現在の技術で
この シリーズ が復活すれば・・・
と思うんですが
シリーズ 化の予定は無いようです。

では次回から制作をして行きたいと思います。

DSC00655DSC00671

アクティブツアラー

東京モーターショ にも出展していた
BMWアクティブツアラー が
12 月より販売が開始されました。

この クラス は既に
メルセデス や VW からも リリース されており
特に目新しさは無いのですが
しかし BMW が初めて作った ミニバン として
話題になっています。

基本的に 2シリーズ の派生車となっていますが
駆動方式は FF を採用し
エンジンは 3気筒1.5L の ダウンサイジングターボ と
なっています。

DSC_4995

クラブマン

NEW MINI も
現行型で 3 代目となりました。
見た目はあまり変わらないのですが
エンジン や シャーシ が一新され
一回り大きくなりました。

所で MINI は 2ドア が基本で
唯一 4ドア と言えば SUV タイプ の クロスオーバー です。
しかし先日発表された クラブマン の コンセプトカー は
なんと 4ドア でした。

市販は未定なものの
米国市場を意識して
4ドア 化され一回り大きくなった クラブマン は
日本市場でも人気が出そうです。
最近は ポルシェ でも 4ドア を出す時代なので
MINI の 4ドア 化も時代の流れなんでしょうね〜。

mini-clubman_01



東京モーターショー 2013

今回は輸入車を動画にまとめてみました。
輸入車と言っても欧州車しか無いのですが
やはり各社 プラグインハイブリッド に力を入れており
特に VW の E-up! や E-GOLF などは
市販間近だと言われています。

また BMW の i3 は
モノコック の一部に カーボンファイバー を採用して軽量化を図り
バッテリー 搭載による重量増を相殺しています。
こちらは既に欧州で納車が始まっており
近い内に日本にも導入される予定となっています。

ハイブリッドカー で出遅れた欧州勢ですが
ここに来て一気に差を詰めて来ています。
やはりデザイン は キープコンセプト で
微妙な未来的な イメージ を取入れる訳でもでも無く
変な ステッカー を貼る訳でも無いので
デザイン 的に有利ではないかと思います。

DSC_4997DSC_4999DSC_5002DSC_5063DSC_5060DSC_5094DSC_5091DSC_5089DSC_5104DSC_5119DSC_5116DSC_5086

レクサス GS

レクサスGSシリーズの価格が発表されました。
最低価格は510万円で
現行モデルの552万円から引き下げられ
割安感を演出している・・・そうです。
来月26日から発売されます。

グレードの内訳は以下の通りとなり
あらたに2500ccのグレードが追加されました。
またそれぞれのグレードに
「FSPORT」の設定もあります。
・GS250
・GS350
・GS450h

国内では
ARISTO時代に絶大な人気を誇ったものの
GS移行後は目立たないオッサンカーとなってしまいました。
流石にARISTO時代のような人気にはならないと思いますが
BMW5シリーズにどこまで対抗出来るか期待しています。

DSC_0399DSC_0394DSC_0393


東京モーターショー 2011

今回は第3回目です。

素材メーカーと並んで出展が多かったのがパーツメーカーです。
結局
素材メーカー
それを元にするパーツメーカー
それを組み上げる自動車メーカーという形で
自動車産業全体が出展する形となっていました。

パーツメーカーのジャトコは
トランスミッションの製造メーカーで
日産車だけでなくGMやスズキなどへも供給しています。
最近は主にCVTを製造し
中心部品のスチールベルトなどが展示されていました。
このベルトの構造を見ると
切れても不思議では無いと感じました。

欧州メーカーでは
MINIのブースがMINIらしいブースで話題を集めていました。
MINI初の4ドアのMINIクロスオーバーが発売されて
話題になったばかりなのに
ニューモデルのMINIクーペが存在感を見せ付けていました。

またこれは欧米メーカー全体に言えることですが(米国は出展無し)
展示ブースでの見せ方が
国産メーカーと違って
やっぱり上手いなと感じました。
それは考え方の違いで
車のデザインにも関係あるのではないかと思います。

DSC_0328DSC_0329DSC_0332DSC_0354DSC_0355DSC_0360DSC_0365DSC_0370DSC_0373DSC_0375DSC_0379DSC_0381DSC_0364DSC_0339

7シリーズ アクティブ・ハイブリッド

BMW7シリーズのハイブリッドモデルが
いよいよ日本へ投入されました。

BMWは
このハイブリッドシステムを
「アクティブ・ハイブリッド」と呼んでいて
基本的な仕組みは
Sクラスハイブリッドやインサイトと同じです。
このシステはプリウスやと600h/hL比べて
軽く出来るので
キャッチコピーである「駆け抜ける喜び」と「環境性能」を
妥協することなく両立させています。

いわばスポーツハイブリッドなので
4ドアセダンでありながら
方向性はCR−Zと同じです。
まあSクラスハイブリッドもそうですが・・・。
また7シリーズの他にもXシリーズや
ディーゼルハイブリッドのラインナップもあるので
日本へ投入される事を期待したいと思います。

01_px450
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ