HS250hに続いてハイブリッド専用車として
発売されたレクサスCT200hは
1.8ℓエンジン(99PS)にモーター(82PS)を組合わされています。

基本的にプリウスと同じハイブリッドシステムを搭載し
プラットフォームはオーリスと共通です。
サスペンションは専用設計のダブルウィッシュボーンですが
HS250h同様にレクサスの中では
価格を抑える努力がされています。

CT200hはレクサス初のコンパクトハッチバックで
・世帯年収1000万円
・子育て前の30代
・子育て後の50代
・女性
がターゲットユーザーとなっています。

無題