CX-3

ラリーエヴォリューション

CX-3 の見えない部分の カスタム として
ホーン を ボッシュ の
ラリーエヴォリューション に換えています。

これは オーリス や アクセラ の時も換えていたので
レギュラー になっている カスタム です。
まあ オーリス は バンパー を外して自分で取付けた訳ですが
アクセラ や CX-3 は パーツ を渡して
納車の時に取り付けてもらいました。

音色は欧州車によくある
"ファン" と感じで
カスタム の効果が体感できる パーツ だと思います。

KIMG0311

オドメーター

あっと言う間に 5000Km を走破しました。
これくらい走れば体も MT に慣れた感じで
ギクシャク する事も無くなりました。

逆に AT に乗ると
つい幻の クラッチ を踏んでしうくらいです(笑)

特に車としても不具合は無いのですが
敢えて言うなら
ハンドブレーキ が緩いのと
ルームミラー の所にある レーダー の カバー が緩くて
カタカタ 鳴るくらいなので
まあ半年点検で改善出来るでしょう。

ちなみに 3000Km の時点で
エンジンオイル を 1 回交換しています。

CX-3

スカッフプレート

スカッフプレート に見える
アルミ 製の ステッカー を
シル に貼ってみました。

前側は
そのまま貼れたのですが
後ろ側は半分以上切りました。
しかし切るとは言っても
ハサミ で切れるくらいの薄さなので
加工は簡単だと思います。

一応 スパルコ らしいのですが
どうなんですかね〜まあ バッタ 物でも
それらしく見えるので大目に見ましょう(笑)

スカッフプレート

フロントグリル

マツダ の一部の デーゼル は
ガソリン と区別する為に グリル の一部が赤くなっています。
しかし CX-3 は デーゼル 専用 モデル と言う事もあって
特にそう言う装飾はないので・・・
グリル の フィン を赤くしてみました。

初めは フィルム で ラッピング していたのですが
貼り方が悪かったのか角が剥がれて来たので
塗装する事にしました。

場所は フィン の一番長い所を選んだ訳ですが
良い感じに アクセント になったと思います。

CX-3


1ヶ月点検

1 ヶ月点検で入庫したついでに
下回りを見せてもらったら
やはり エンジン 下部は カバー で覆われており
何の面白味も有りませんでした。

昔は オイル 交換くらいは自宅でしたものですが
ここまで カバー で覆われていると
車載 ジャッキ では片側だけ上げて点検口を探す必要があるので
ちょっと手間が掛かりますね・・・。

しかし オイル だけなら上抜きする ポンプ があるので
何とかなるものの フィルタ は上からは取れない構造なので
どうしても ジャッキアップ する必要があります。

また オイル を吸わせても
燃える ゴミ に出せない自治体もあるので
やはり量販店か ディーラー で交換するのが無難ですね。

CX-3CX-3

LED化

最近は国産車でも純正採用が増えてきた LEDウインカー
まだ マツダ 車での採用は無いので
汎用品の LED を使って LED 化しました。

この フィリップス の製品は アクセラ の時も使っていて
光量や耐久性は電球並だったので
今回も使用しました。

納車整備の時に ディーラー で取付けてもらったので
特に取付け画像などはありません。

CX-3 LEDウインカー


オドメーター

早くも 1000Km を走破しました。

最近は慣らしの必要無いと言いつつ
5〜6 速や バックギア の入りが渋いので
もう少し走れば当たりが付いて渋さも解消されると思います。

こう言うのも MT ならではですね〜。

CX-3

ヘッドライトウォッシャー

4 駆 モデル は
標準で ヘッドライトウォッシャー が付いているのですが
私の 2 駆 モデル には オプション すら設定されていないので
ウォッシャー の カバー だけを取り寄せて
両面 テープ で貼り付けています。

純正 パーツ だけあって
バンパー の カーブ に フィット する反面
裏に ツメ が出ているのでそれを切る必要があります。

しかし樹脂製なので ニッパ で簡単に切れるので
切った後は ヤスリ で均しておけば大丈夫です。
ちなみに以前乗っていた オーリス
プリウス 用のを流用していました。

DSC_3438DSC_3271

納車!

今年は アクセラ の初回車検と言う事と
残価 クレジット なので乗換えても
相殺できると言う事で
アクセラ から CX-3 へ乗換えました。

しかも 6MT です。
本当は ロードスター を第一候補に考えていたのですが
やはり実用性に難があるので
趣味と実用性を考えて
CX-3 の MT となりました。

グレード は一番下の XD ですけど
オートエアコン などの装備は一通り付いているので
特に不満な点はありません。
現時点では オプション も特に付けてはいませんが
別途社外 パーツ を数点付けているので
追々紹介して行きたいと思います。

CX-3


CX-3

CX-3 は デミオ を ベース に開発されており
CX-5 より一回り小さくなっています。

エンジンラインナップ は
2.0Lガソリン と 1.5Lディーゼル の 2 種類で
それぞれに 5MT と 6AT が
組み合わされています。
デザイン は
いわゆる "魂動デザイン" で
デミオ よりも
マイナーチェンジ した アテンザ と近いと思います。

輸入/国産問わず クロスオーバー が リリース されており
フルライン で揃える メーカー があるくらい
人気なだけに
ディーゼル と言う武器で個性を発揮して欲しいですね

CX-3


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ