DD51

DD51756

国鉄時代の ディーゼル 機関車 DD51 は
1962年〜1978年の間に 649 両製造されました。

しかし最終型でも製造から 40 年く経ち
新型機関車の DF200 なども登場していますが
残念ながら置き換えが進んでおらず
DD51 の更新工事を実施して当面は継続使用する事になっています。

この京都鉄道博物館の DD51756 は
1972 年に日立製作所製で製造された 700 番台で
JR 貨物から譲渡された車両です。

DSC_6219


四日市駅

JR 東海の四日市駅は
1890 年に関西鉄道の駅として開業し
開業当初は関西鉄道線の終着駅でした。
その後国有化され関西本線の途中駅となりました。

駅の東側には コンテナヤード が広がり
また南側は伊勢鉄道と ホーム を供用しています。
伊勢鉄道の ホーム を見ると起点か終点に見えますが
実は伊勢鉄道の起点は四日市駅から二つ先の
河原田駅となっています。

所で近鉄にも四日市駅があり
伊勢電気鉄道時代には国鉄四日市駅と隣接していました。
しかし急曲線の解消に伴う路線変更により
今の場所へ移転となりました。

四日市駅


四日市駅四日市駅四日市駅


北斗星

先日廃止になった トワイライト に続き
北斗星も 8 月に廃止される事が発表されました。
最終列車の チケット は
恐らく普通では取れないと思われます。

所で意欲的な キット を製品化する アオシマ から
函館駅⇔札幌駅 間を牽引する
DD51 形 ディーゼル 機関車の 1/45キット が
製品化される事が発表されました。

全長 40cm の ビッグスケール で
エンジン や運転台などが精密に再現されています。
以前から同様の シリーズ は製品化されていたものの
それは 20〜30 年前に製品化された物で
金型の精度が低く
組上げるのに相当な テクニック を要する
上級者向け キット でした。

今回の キット は
新金型で キット 化されており
何度か模型を作った事がある人なら
時間を掛ければ難なく組上げる事が可能だと思います。

4905083010006-e1428829830213-500x375dddd2
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ