GB

CFカード

先日 サンディスク が
256GB のCFカード を発表しました。
そもそも CFカード の始まりは
98 年に発売された 4MB~86MB で
それから 15 年掛けて 256GB まで到達しました。

その間には スマートメディア や XD など
既に市場から消えた物や
CFカード に HDD を埋め込んだ マイクロドライブ など
多種多様な メディア が登場しました。
しかし記録 メディア の規格も
ほぼ CF と SD に統一されたと思います。

ちなみに CFカード が 256GB まで拡大したということは
mSATA SSD と大きさや容量が被ってくるので
NUC 用の ドライブ など
使用環境が広がりそうです。
※画像はマイクロドライブです

02v

3ディスプレイ化

F1 が地上波から BS へ移行したことを機に
数ヶ月掛けてPC 周りを増強しました。
チューナーボード を入れるか 外付 チューナー にするか迷いましたが
既に 地デジボード が入っているので
PC を起動せずに観られるよう
地デジ/BS チューナー を購入しました。

外付け チューナー にすると
PC 画面との併用が出来ないので
一番古い ディスプレイ を視聴専用にして
新たに アイ・オー・データ のディスプレイを PC 用に追加しました。
この結果見た目上は 3ディスプレイ となってしまいました。
GB を追加すれば PC 画面を 3 面出力出来るので
今後の課題にしたいと思います。

またこれを機に
サブウーファー も導入しました。
アンプ に ウーファー 出力がありながら
サイズ や値段の問題でなかなか導入出来ずにいましたが
サンワダイレクト で丁度良いのを発見したので
勢い余って購入してしまいました。

やはり低価格ではあるものの
サブウーファー の威力は絶大で
価格以上の価値はあると思います。

P1030802チューナーP1030813

地デジ化

遂にPCのデジタル化が完了しました。
これでGPがHighDefinitionで観られます。

さてデジタル化した結果
どうなんだ?と言われると
確かにアナログキャプチャと比べて
圧倒的に高画質となりましたが
それ以外は特に無いですね。
基本的に
画面の右側に画面を出して観るのが主なので
アナログでもデジタルでも大して変わりはありません。

まあ高画質であることに越したことはありませんが・・・。

今回のデジタル化によるグラフィックボードの交換に伴い
エクスペリエンスインデックスの基本スコアが大幅に向上し
最も低いスコアでも5.0となりました。
最高が5.9なので
デジタル放送程度なら余る位です。

2
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ