GT-R

GT-R

スカイラインGT-R から日産 GT-R になって
早い物で 10 年が経ちました。

この 10 年の間
スペシャル 仕様の ポルシェ などを相手に
ニュル で市販車最速 タイム を記録するなど
輝かしい歴史を作って来ました。
流石に記録は塗り替えられましたけど
あくまでも スペシャル 仕様ではなく
市販仕様と言う点が重要では無いでしょうか?

所で 2014 年頃からは
動力性だけでなく快適性も重視した仕様になり
画像に上げた様な内装となっています。
NSX も登場した事だし
そろそろ フルモデルチェンジ ですかね〜。

GT-RGT-R


GT-R

国内専用車を米国へ自動車を輸出する場合
衝突安全性や排 ガス 規制など
車検制度が無いにも関わらず
高い ハードル が課せられています。
しかし製造から 25 年を経過した物については
除外となっています。

製造から 25 年・・・
丁度 R32GT-R や RX-7
SUPRA など日本のみならず
海外でも人気の高い スポーツカー が
軒並み 25 年を迎え
日本からの輸出 ラッシュ となっています。

日本では値段の付かない不動車でも
パーツ の供給が ストップ しているだけに
プレミア 価格で取引されています。

日本から流出するのは悲しい反面
朽ち果てて スクラップ になる事を考えると
愛好家の元で大切にされるのも良いかも知れませんね〜。

Nissan_Skyline_R32_GT-R_001


週刊 NISSAN スカイライン

GT-Rを作る・・・
イーグルモス から リリース されているのは
ほぼ現行型ですが
今回 アシェット から リリース されたのは
2000GT-R です。
あの ハコスカ です。

この シリーズ も
京商が監修した 1/8モデル なので
完成した時の クオリティ は
それなりだと思います。

タミヤ からも ビッグスケール が リリースされているものの
塗装等の手間と技量を考えたら
全 100 号集める方が
確実ではないでしょうか?

GTR


ル・マン

先日少し触れた
ニッサン の ル・マン 参戦ですが
ル・マン は WEC の第三戦に組込まれており
WEC の開幕は 4月12日 の シルバーストーン です。
ニッサン の マシーン も
開幕戦から投入される予定となっています。

さて
その マシーン ですが GT-R とは言うものの
市販車が ベース の LM-GTEクラス ではなく
専用設計の LM-P1クラス での出場となります。

ちなみに スペック は
3.0L V6ツインターボ+エネルギー 回生 システム を
なんと フロント に搭載しています。
LM-P1クラス で フロントエンジン は・・・
GT-1クラス があった時代に パノス がやっていたくらいで
やはり リアエンジン が主流です。

831356

スープラ

2002 年に排 ガス 基準変更に伴い
姿を消した スープラ ですが
いよいよ復活の方向性を探る コンセプトカー(FT-1) が
発表されました。

レクサスブランド ではないので
このまま量産される可能性は低いのですが
筋肉質な デザイン の存在感は半端ではありません。

なんでも BMW の Z4 と兄弟車となる予定で
トヨタブランド ではあるものの
庶民には手の届かない価格になりそうです・・・。

ちなみに 2002 年に姿を消した車は
GT-R や RX-7 などで
今でも中古車市場で根強い人気を誇っています。

TOYOTA-FT-1_4-618x496TOYOTA-FT-1_5-618x387

週刊『日産フェアレディZ』

”週刊 Nissan R35 GT-R” で
一気に知名度を高めた イーグルモス から
"週刊 "週刊『日産フェアレディZ』” が リリースされました。
今回の Z は
やはり デアゴスティーニ の 2000GT を意識した リリース だと思われます。

モデル は
先の GT-R 同様 1/8スケール の ビッグモデル で
全 100 号集めると1971 年式の Z が完成します。

1/8スケール と言われても
なかなか イメージ 出来ませんが
HP によると 全長 : 51.5cm  質量 : 7kg と明記されていました。
全 100 号を集めるには根気や財力が求められると同時に
保管や飾る場所も求めれる オトナ な キット です。

clicccar_01_FairladyZ_PH1


週刊 GT-R

イーグルモス から リリース されている
「週刊 NISSAN R35 GT-R」が
いよいよ 100 号を迎えようとしています。
それを記念して続刊である
「週刊 NISSAN R35 GT-R Special Edition VR38DETT」
の リリース が決定しました。

マガジン は全 30 号で構成され
全号制覇すると 1/5スケール の
VR38DETT が完成します。

エンジン だけと言うのも新たな展開ですし
何より全長/幅が短いので
これなら置けそうです。

img_engine01


週刊GT-R

〇〇を作るシリーズと言えば
デアゴスティ〜ニ♪ で
毎回リリースされる魅力的なシリーズに
触手を抑えるのに苦労させられます。

しかしその デアゴスティ〜ニ に対抗するシリーズが
ハーレクイン からリリースされることになりました。
そのシリーズとは
GT-R開発責任者の水野和敏氏監修による「週刊 GT-R」です。
まあ内容は
デアゴスティ〜ニ と同じで
全号(100号)集めると2011年モデルのGT-Rが完成するという物です。

しかしそのスケールは
実車のCADデータを元に
500点以上のパーツから構成された
1/8サイズというビッグスケールです。
2000GTの1/10スケールでも結構な大きさなので
完成後の置き場所に
一層悩みそうです・・・。

Racer_web_opening_image
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ