JR東海

新所原駅

1936 年に開業した新所原駅は
1987 年の国鉄民営化に伴い JR 東海の駅となり
それと同時に二保線が第三 セクター の
天竜浜名湖鉄道に転換されました。

駅舎は天竜浜名湖鉄道の直営駅で
駅舎と鰻屋が一緒になっています。
いや・・・一緒になっていると言うよりも
鰻屋の方が大きい気がします。

この鰻屋は国産 ウナギ を使用しているらしく
一番安いウナギ弁当でも 1300 円しますけど
これを買って車内で食べてると
"浜名湖まで来たな〜" と言う気持ちになれます。

新所原駅

新所原駅新所原駅新所原駅

亀山駅

1890 年に開業した亀山駅は
関西線と紀勢線の 2 路線の接続駅で紀勢線は
この駅が起点となっています。
また 1987 年の国鉄民営化に伴い
JR東海 と JR西日本 の境界駅となり駅業務は
JR東海 が行っています。

かつては三重県内の鉄道の要衝で
機関区や客貨車区などが置かれるなど賑わっていましたが
現在は快速/普通列車のみが発着する ローカル 駅となり
1Km 四方に広がる広い構内だけが
賑わっていた当時の面影を留めています。

ちなみに駅前の大きな鳥居は
能褒野神社一の鳥居で
かつては駅の北側にあったそうですが
県道の整備に伴って移設され
現在は駅前の モニュメント となっています。

DSC_0982

DSC_0994DSC_0988DSC_0983

松阪駅

松坂駅は三重県松坂市にある
近鉄/JR東海 の 2 社が乗り入れる共同使用駅で
駅舎は南北それぞれにあり
南:JR(画像上)
北:近鉄(画像下)
が管理しています。

JR/近鉄 間に中間改札は無く
自由に行き来出来る構造となっています。

駅舎だけで見ると
JR が メイン で本数も多そうですが
実は近鉄の方が倍以上の本数があります。

P1050890

P1050893


大垣駅

大垣駅は
JR東海 / 養老鉄道 / 樽見鉄道
が乗り入れる共同使用駅です。

樽見線は 84 年に樽見鉄道として国鉄から分離後も
駅舎を共有しています。

また養老鉄道は
独立した駅舎を持つものの
中間改札を設けた連絡通路により
ホーム が繋がっています。

image (4)


津駅

津駅は JR東海 近鉄 伊勢鉄道 の 3 社が乗り入れる駅で
伊勢鉄道の終点となっています。
駅舎は東西に分かれており
東側を JR が
西側を近鉄がそれぞれ管理しています。

また 3 社の間には中間改札は無く
自由に往来可能となっていますが
不正乗車防止のために不定期に検札が行われているそうです。

ホーム は 6 番線まであり
1〜4 JR/伊勢鉄道
5〜6 近鉄
が利用しています。

DSC_4557DSC_4552DSC_4554DSC_4547DSC_4542

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ