LS

LS400

1989〜94 年に掛けて生産された初代 LS は
トヨタ が高級車 ブランド へ打って出る為に設計した意欲作で
現在生産されている モデル は 5 世代目になります。

この初代の成功があったからこそ
現在まで レクサスブランド が続いているので
功労者として トヨタ博物館 だけでなく
トヨタ産業技術記念館 などでも展示されています。

機械面では 4 速 AT を採用しているなど
若干時代を感じるものの
しかし今でも軽自動車の AT と比べたら格段に
滑らかに変速するんでしょうね。
ちなみに現行型は 10 速 AT となっています。

DSC_6815

セルシオを作る

今回が最終回です。

いつものように
制作過程の サムネイル 動画と
ポートレート を アップ します。

20 年以上前の キット ですが
素組でもこれだけの完成度を出す事が出来ました。
これ位の クオリティ で十分なので
フジミ や ハセガワ のように
現行車種や意欲的な キット を
もっと リリース して欲しい物です。

DSC_6666_01DSC_6674_01DSC_6676DSC_6678_01DSC_6681DSC_6683


セルシオを作る

キャビン と ボディー を合わせてみました。
予想以上の クオリティ に満足した所で
今回で完成です。

近い内に
ポートレート と
制作をまとめた サムネイル 動画を
アップ したいと思います。

P1050276P1050284

セルシオを作る

窓枠を塗装しました。

これは天井部分が開いていますが
開いていないのは
塗装時に塗料が溜まって
マスキング の隙間から流れ込む事があります。

P1050223

セルシオを作る

キャビン を作りました。
指定色でな無いのですが
セミグロスブラック と タン が
いい感じに合ってる思います。

また インパネ の木目は
木目 デカール が付属していたので
それを使用しました。

P1050270P1050273

セルシオを作る

V8エンジン を載せました。
最近の車と違い
エンジン の重心が サスペンション より前にあります。

少ない パーツ で見事に再現されており
90 年代前半の キット でありながら
流石は タミヤ ですね。

現行型の LS も
キット 化して欲しいものです。

P1050258P1050257

セルシオを作る

リフレクター や ドアモール に
ハセガワ の ミラーフィニッシュ を貼りました。
これで ボディー の作業は
8 割方終りなので
そろそろ プラットフォーム へ移りたいと思います。

ボディー 色指定の所は
サフ の白を生かし
その他の部分は セミグロスブラック と
アルミシルバー で塗装しました。

P1050255P1050254P1050250

セルシオを作る

指定では ブラック になっているのですが
サフ → ホワイト → パール と塗り重ねました。
この後
下半分を グレー で塗装します。

パールホワイト は
今でも人気 カラー ですけど
上下を塗り分ける ツートンカラー は
すっかり見なくなりました。

ツートンカラー もそれなりに良いんですけどね〜。

P1050132P1050137

セルシオを作る

前回の 86 から随分間が空いてしまったので
そろそろ暖かくなり始めたこともあり
次のお題へ行きたいと思います。

今回のお題は タミヤ からリリース されている
トヨタ セルシオ です。

1989〜2006 年まで トヨタ 自動車が販売していた高級車で
2006 年以降は レクサス へ移行し
国内でも LS として販売されています。

89 年当時 メルセデス や キャデラック を凌駕する
圧倒的な 高品質 快適性 静粛性 を実現した セルシオ/LS は
北米市場でも ヒット 車となり
レクサスブランド の礎となりました。

P1050285P1050289P1050130

装甲 LS

北京で丹羽大使の公用車が襲撃された事件が報道されていますが
あの公用車は装甲仕様になってるのでしょうか?
と言うのも
2004 年に原田公使の公用車が襲撃され際は
リアウインドウ が叩き割られるなどの被害受けているので
流石に軽装甲仕様位にはなっていると予想しています。

残念ながら公開された車は
フルスモーク で防弾 ガラス なのかどうか
中の様子は分からなくしてありました・・・。
防弾 ガラス なら ウインドウ 越の景色が歪んで見えます。

ちなみに日本国内では
首相用の センチュリー や LS
御料車の センチュリーロイヤル
が装甲仕様となっています。
詳しい性能は公表されていませんが
防弾 ガラス の厚みは 50mm 以上ともいわれています。
映像の LS を観ると
フロントウインドウ の枠が異様に太いのが分かるとか思います。

LSLS


イモビカッター

セルシオやランドクルーザーなどの盗難が
再び増えているそうです。
しかし高級車(最近は高級車以外でも)には
鍵のIDと車のIDが合わないとエンジンが掛からない
イモビライザーが搭載されているので
一時期は盗難が減少傾向でした。

再び増え始めた背景には
車のIDを別の鍵のIDへ書き換える「イモビカッター」の存在があります。
これは以前から正規に流通していた物で
例えば
オーナーが鍵を紛失した時などに使用されていました。

使用方法として
故障診断用のコネクタに
この機器を差し込むなどして
鍵とペアリングをすれば
車のIDが鍵のIDに書き換えられます。
結局
盗難されたら運が悪かったと思うしか無いようです・・・。

そういえば
こんな手口もあります。
それは
目を付けた車のナンバーを元に
車両情報を引き出し
香港や台湾の正規ディーラーから
正規の鍵を取得して
あたかも自分の車かのように盗むという手口です。
もちろんディーラーへ提出する書類は偽造です。

4a6dfa6e

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ