Mans

2017 ル・マン

今年の ル・マン は アウディ が撤退した事もあり
LMP1-H に エントリー したのは 5 台でした。
(ポルシェ:2台/トヨタ :3台)

LMP1 には ハイブリッドシステム を搭載しない
バイコレス・レーシングチーム も参戦していましたが
結局の所 トヨタ と ポルシェ 争いで
3 台 エントリー している トヨタ が有利で
実際に コースレコード を更新するなど
予想通りの展開で進みました。

しかし クラッチトラブル や クラッシュ などで
結局総合 8 位がやっとでした・・・。
クラス 別では 2 位でしたけど
いや〜勝てないですね〜・・・。

ここでいつも話題に上るのが
91 年の マツダ の総合優勝で
日本の自動車 メーカー では唯一なので
いかに偉大な存在であるかが伺えます。
しかし来年こそは トヨタ が優勝してくれるだろうし
資金が続く限り出続けて欲しいね!

ogp



TS020を作る

あの バースト さえ無ければ・・・
当時 オンタイム で観ていたので
今でもあの衝撃は覚えているのですが
今年もまた残り 3 分で エンジン が停止し
なんとか周回したものの
規定時間内に戻ってこられず完走扱いになるとか
優勝目前だっただけに
あの バースト 以上の衝撃を受けました。

こうなると
いかに マツダ が偉大な存在である事を
改めて考えさせられます。

と言う事で
TS020 は今回で終了と言う事にしたいと思います。

DSC_7537

DSC_7541DSC_7544DSC_7547



2014 ル・マン

WEC 二連勝中の トヨタ が
今年こそ ル・マン を制すると予想されていましたが
結局 アウディ の 1・2フィニッシュ で幕を閉じました。

これで アウディ は 5 連覇となった訳ですが
トヨタ に期待していただけに残念です。

所で 2000 年代前半までは
クラッシュ やその他の不具合が発生した場合
リタイア するか完走がやっとだったのが
最近は トヨタ の クラッシュ でも分かるように
あれだけ大破しても
見事に修復し
3 位 フィニッシュ となりました。

但し コース 上で トラブル が発生した場合
何が何でも ピット まで戻る必要がありますが
それでも車自体は
壊れない事が前提ではく
壊れる事が前提で設計されているので
クラッシュ で大破しても
ピット まで戻れれば優勝争いに残る事が可能となっています。

654885


2011 ル・マン

2011年のル・マンは
4月24日に公式テストが行われ
決勝は6月11・12日に行われます。

今年は
過去に9度の総合優勝を獲得しているアウディが
新型のアウディR18をエントリーし
10度目の総合優勝を狙います。
所でレーシングカーと言えば
エタノールやガソリンエンジンですが
実はアウディが投入するマシーンはディーゼルエンジンです。

先代モデルのR10が
5.5リッターV10のディーゼルエンジンターボを搭載したのが始まりで
その後継にあたるR18は
レギュレーションの変更に伴い
3.7リッターV6へ大幅な小型化が行われました。

F1のKERSは
短時間のレースで
追抜きなどの瞬間的なアシストが目的なのに対し
ル・マンは長時間のレースの為
いかに燃費を稼ぐかが順位を上げるポイントとなってきます。
その選択一つがディーゼルエンジンと言うことです。

704x396_audi_motorsport-101209-3626


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ