Museum

てつのくじら館

窓の無い潜水艦では昼夜の区別を付ける為に
夜間帯は
照明を赤色にしています。

これは一般に知られているのですが
ではどこまで赤いのか?
実際に体感すると想像以上に赤黒く
閉鎖空間で長期間生活すると
私なら耐えられません・・・。

ちなみに
画像上が日中状態で
画像下が夜間状態です。
こうやって区別することで
体内時計の乱れが抑えられ
体調を崩さないそうですが・・・
精神的に強くないと潜水艦乗りは務まりませんね〜。

DSC00178DSC00179

てつのくじら館

潜水艦は隠密行動が原則で
内部はもちろんのこと外部も機密が満載で
港に係留中でも
水面に出ているのは極一部に限られます。

それは練習艦も同様で
イベント で展示されていても
甲板の四畳半くらいの スペース しか立ち入る事が出来ません。

しかし呉にある
海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館) では
2004 年に除籍となった "あきしお" の
艦内を見学する事が可能です。
まあ全て・・・と言う訳ではありませんが
それでも機密度の高い
潜望鏡や出入口用 ハッチ が実際に見られるのは
日本唯一であり良い収穫になると思います。

ちなみに スクリュー も機密が高く
ダミー に交換されています。

DSC00215DSC00164DSC00165DSC00166DSC00167DSC00169DSC00171DSC00172DSC00174DSC00177DSC00178DSC00181


コンコルド

2003 年に全機退役した コンコルド ですが
英国にある ブルックランズ 博物館で
フライとシュミレーター による操縦体験が出来ます。

フライトシュミレーター なんて PCゲーム でも・・・
いやいや
この シュミレーター は ブリティッシュ・エアウェイズ が
28 年間に渡り パイロット の訓練用に使用された本物で
世界に 2 台しかない大変貴重な代物です。

操縦体験は事前に説明を受けたあと
元 パイロット と行い
離陸→巡航→着陸
と一連の流れを体験する事が可能です。
また元パイロット と食事が出来る コース も用意されているそうです。

この博物館には
シュミレーター 以外にも
ブリティッシュ・エアウェイズ が 2003 年まで運行していた機体も展示されており
自由に客室へ入り コクピット を撮影する事も可能です。

コンコルド


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ