世界最高の燃費を誇るとされている MRJ は
2度にわたる初号機の納入延期や
1年近く新規受注が獲得出来ないなど
低空飛行が続いています。

しかし先日
搭載されるエンジンの飛行試験が開始されました。
開発しているのは プラット・アンド・ホイットニー社 で
画像のように 747SP に搭載して行われています。
通常は翼の下に搭載されますが
小型エンジンだからか
このような方法がが採られています。

ちなみこのエンジンは
エンジンとコンプレッサーの間に変速機を設置した新設計で
世界最高燃費の要となるパーツです。

120503_PW1200G3-640