UPS

漏電保護タップ

局地的な豪雨などに伴う雷害対策に
UPS を導入しています。

しかし UPS は負荷の関係から
PC しか接続しておらず
地デジ/HDD は無体策だったので
気休め程度に漏電保護 タップ を間に噛ませました。

どこまで保護出来るか分かりませんが
しばらくはこれで乗り切ろうと思います。

image (1)


ノンストップ電源

雷害や瞬停からPCなどの電子機器を守る為に
家庭でもUPSの導入が進んでいます。
UPSとは
無停電電源装置の略で
瞬時に内蔵したバッテリーに切替わることで
電源断を防いでくれます。

しかし最近は
ノンストップ電源なる製品も登場しています。
バッテリーを内蔵する点では同じですが
基本的に仕組が異なります。

UPSの場合
PCとコンセントの間に設置することが前提で
以下のようにA/D変換を繰返すなど
効率の悪い仕組となっています。
コンセント(AC)⇒UPS(AC⇔DC)⇒PC(AC⇒DC)

これに対し
ノンストップ電源は
電源本体にバッテリーを内蔵することで
A/D変換が1回で済むという
効率的でコンパクトな仕組となっています。
コンセント(AC)⇒PC(AC⇒DC)
※詳しくは図を参照

ただUPSの場合
PC+モニタ など複数の機器が接続出来るのに対し
ノンストップ電源の場合
PCに内蔵されているので
PCしか保護することが出来ません。
したがって家庭やオフィスで使用する場合は
場所を取ってもUPSの方が使い勝手が良さそうです。

zu5_4

UPS

3年程前ですかね
雷サージで
・ディスプレイ
・チューナー
・LANボード
が破壊されたことがありました。

その苦い経験から
アースコンセントの施工や
コレガの雷サージ対策タップの導入を経て
この程UPSを導入しました。

導入したUPSは
富士通のFJ150Jで
APC SUA1500JのOEM品です。
ヤフオクで落とした要バッテリー交換の中古品なので
アマゾンでバッテリーを購入して
ようやく正常に使える状態となりました。
基本的にバッテリーさえ交換すれば長期間の使用が可能で
動画を観てもらえれば分かりますが
簡単に交換出来るようになっています。

ちなみに
SUA1500Jを新品で買うと¥60102(アマゾン価格)です。
それが
本体(¥8500)とバッテリー(¥30414)を合わせて¥38914で収まりました。
実に良い買い物が出来たと思います。

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ