V6

モーガン

英国の自動車 メーカー で
今も経営者が変わらず生産が続けられているのは
モーガン くらいだと思います。

モーガン は今でも フレーム の一部に木材を使うなど
独自路線を進んでいる訳ですが
1910 年に自動車業界に参入した当時生産していたのが
この 3ホイラー の エアロ でした。
その後 1936 年から 4 輪へ移行し
現在に至るまで基本設計が当時のまま生産が続けられています。

ただ エンジン は ローバー 倒産するなど何度か変更され
現在販売されている モデル には
英国 フォード の V6エンジン が搭載されています。
所で 3ホイラー ですが 2011 年から復活し
当時と変わらない デザイン で販売されています。

DSC_6739DSC_6740

ロータス エキシージ

ロータス で ラインナップ されているのは
大きく分けると 4 車種で
全てが スパルタン な ライトウェイトスポーツ と
なっています。

その中でも エキシージ は サーキット 仕様で
主な スペック は以下の通りです。
・車量:1110Kg
・エンジン:3.5L V 6 スーパーチャージャー
・最高出力:380ps
・サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン

1.1t の車両に 380 馬力の エンジン・・・
流石は サーキット 仕様と言うべきなのか・・・
一応公道走行も考慮して ABS や トラクションコントロール
横滑り防止装置など一通りの電子 デバイス は標準装備とは言え
乗る人を選ぶ玄人好みの車と言えますね。

エキシージ


LC500h

LC の エンジン は
LC500:V8 5.0L  / LC500h:V6 3.5Lハイブリッド
の 2 種類で各 3グレード ずつ用意されています。
今回展示されていたのは ハイブリッド の Sパッケージ ですが
内装の構成は基本的に ガソリン も同じです。

国産 ブランド で
これだけの車を出してるのは
レクサス くらいですが
しかし 1500 万は庶民では手が届きませんね。
まあ専用の工場を作って生産しているので
無理も無いのですが・・・。

LC500h

LC500hLC500hLC500h


NSX コンセプト

市販間近とまで言われながら開発が中止された次期NSXですが
この程ようやく市販し様のコンセプトモデルが公開されました。

中止されたモデルは
V10エンジンを搭載すると噂されていましたが
今回発表されたコンセプトモデルは
V6エンジンにハイブリッドシステムを組合させた
ハイブリッドスポーツカーでCR-Zの発展型と言えます。

デザインは直線的で
最新のランボルギーニなどに通じる物を感じました。

またNSXと言えばスーパーGTで
2010年から後継に当るHSV-010で参戦していますが
市販仕様のNSX発表後に
NSXで参戦する事が発表されています。

所で次期NSXのデザインは
HSV-010がベースになっていると思っていましたが
どうなんでしょう・・・
似てないと言われれば似てないような・・・




訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ