VTR

カーボンラッピング (続)

カーボンフィルム を貼る動画で
ハンドル 周りがどうなっているのかと言う質問があったので
解説も含めて記事にしてみました。

ハンドル 周りは
カウル があってあまり見えないので
ある程度の大きさに切って重ね貼りしています。

真横から見た限りでは
フレーム の元色である赤色は見えないのですが
フレーム 正面である カウル の裏側は
少し赤い部分が残っています。
この辺りは部分的に貼り直す時に貼れたら貼ろうと思います。

VTRVTR 250VTR 250

カーボンラッピング

VTR の トラスフレーム を
カーボン 調 フィルム で黒くしてみました。

黒の単色でも良かったんですが
カーボン だと重ねて貼っても違和感が無いので
カーボン 柄にしました。

今回使用したのは ホークアイ の製品で
ドライヤー で熱を加えるとよく伸びて貼り易かったです。
ただ耐熱 フィルム ではないので
エンジン 周りなどは定期的な張替えが必要になると思います。

ちなみに FI 化した VTR の初期 モデル は
フレーム が黒だったので
その イメージ に近付いたと思います。

VTR 250


リムストライプ

ホイール 全周に貼る リムストライプ が多い中
ロゴ だけの短いのを発見したので
購入してみました。

貼り方は他の リムストライプ と同じで
掃除して外周に合わせるだけです。

タイヤ には
以前施工した ホワイトレター が残っており
それと重なって一気に華やかになりました。

リムストライプ


ウインカーユニット

VTR の リアウインカー を
汎用品の シャープ な物に交換してみました。

少し小さいかな・・・と思ったんですが
取付けてみると丁度良い感じです。

これと比べると
純正品は大きくて モッサリ してますね〜
最近の CBR やCB1100 辺りになると
シャープ な物が付いているので
純正品を取って付けるのも良いかも知れません。

と言うのも汎用品では
フロント の サイドマーカー に対応した製品が少なく
少し高くても純正品を取る方が早いし
コネクター を加工しなくても ポン 付け出来そうです。

VTR 250


トップケースの取付け 

ケース 内は クッション 性 ゼロ なので
気休め程度に カーペット を貼ってみました。
残念ながら大まかに型紙を作ったせいで
端の丸くなっている所に隙間が出来たものの
剥き出しだった ビス などが隠れるようなったので
まあ良しとしましょう。

また
せっかく リフレクター が付いているので
汎用品の チューブLED を使用して
ハイマウントストップランプ にしてみました。
配線は フタ の縁にはわせて
コネクター で車体の電源と接続できるようにしています。

いずれは
あと 2 本追加して
テールランプ も点灯するようにしたいですね〜。

DSC03943DSC03952


トップケースの取付け 

トップケース を取付ける場合
バイク に合った リアキャリア が必要で
VTR 用のも出てはいるのですが・・・
耐加重が 5kg 程度と ケース の本体の重量で
耐加重を超えてしまうので シートバッグ を使用していました。

しかし容量が少ないので
今回 グラブバー を利用して
トップケース を取付けてみました。
取付けるのは 46L の ケース で
本体重量が 5.2Kg もあります。

取付けは ケース を取付ける ベース を
グラブバー に L 金具で固定すると言う物で
ケース と荷物で 10 Kg 弱の加重を加えても
特に ベース に歪みも見られず
実用上大丈夫そうです。

しかし 46L もあるので
フルフェイス の ヘルメット が 2 個入るなど
積載量が劇的に増えたと同時に
鍵が掛けられて雨も染み込まないなど
ハードケース ならではの恩恵が受けられる反面
やはり バイク 便みたいになるのは否めないので
見た目を取るか実用性を取るかですね・・・。

DSC03937


オイル交換

前回の オイル&フィルタ 交換から半年が経ち
3000Km 走行した事もあり
オイル を交換しました。

私の自治体は ポイパック に入れても 持って行ってくれないので
毎回 バイク 屋で交換してもらっていたのですが
やはり メンテナンス の基本は オイル 交換なので
チャレンジ してみました。

フルカウル とは違い ドレン への アクセス も楽で
抜いた後は規定量を入て終わりです。
VTR の指定は G1 なっていて
オイル は グレード よりも交換頻度なので
指定通り G1 を入れました。
VTRVTR


サイドマーカー

車からの視認性 アップ の為に
リア にも サイドマーカー を取付けました。

今回使用したのは汎用品の貼付け ウインカー で
アマゾン で 2 個 1セット で 1850 円と言う
非常にお手軽な製品です。

本体は両面 テープ で固定し
配線は リア の テールランプ に割込せました。
リア 回りも オールLED 化出来ており
サイドマーカー を割込ませた所で
特に問題無いと思います。

VTR250VTR250


VTR スペシャルエディション

東京モーターショー に出品されていた
VTRカスタマイズコンセプト の評価が高かったのか
スペシャルエディション として ラインナップ に加わりました。

シルバー は以前からあったんですが
この モデル はより濃い マット な シルバー になっているので
見た目の印象が大きく変わりました。

また純正で ブラウン の シート は珍しく
これは取寄せて私の VTR に付けようかなと考えています(笑)

DSC03890

VTR

LEDウインカー

ICリレー は ハイフラ しないので
始動前に時々点灯を チェック していると・・・
どうも右後ろの LED 球が逝ってしまったようです。

LED 化して 1 ヶ月くらいなんですが
2 球で \2000 くらいの低価格球だったんですが
もう少し持って欲しかったですね〜。

とか言いながら
今回も同じ所から同じ メーカー のを仕入れた訳なんですが
何やら仕様が変わったようで
チップ の部分が黄色くなっています。

怪しいな〜と思いながら取り付けると・・・
やはり従来品より発色が薄くなり
比べるとその差は歴然としています。
2 個 セット なので
予備に取って置こうと思っていたのですが残念です。

VTR

LED化

オールLED 化の一環で ヘッドライト を
LED 化してみました。

アマゾ では格安で H4 規格の LED 球が販売されていますが
今回は サインハウス の製品を購入しました。
品質が高く充分な光量が得られるとは言うものの
基本的に夜は乗らないので
どうなんでしょうね・・・。

ただ ハロゲン とは違う
LED 独特の色味は ドレスアップ 効果を体感できます。

サインハウスサインハウス


オイル交換

前回の オイル 交換から3600Km ほど走行したのと
そろそろ交換から半年が経つのとで
オイル 交換を行いましました。
前回は オイル だけだったので
今回は フィルタ も一緒に交換しました。

また今回は
各部の増し締めや
チェーン の調整などの
12 ヶ月点検も合わせて行いました。

まあ国産車で
250 の カブ だと言われている VTR だけに
普通に乗っている程度では
1 年で不具合なんて出ないですね。

DSC_1234DSC_1129

LED化

VTR の前後の ウインカー を LED 化しました。

最近の車では
ECU が ウインカー を制御してしており
リレー 自体無い物も多いのですが
バイク はまだまだ リレー 制御が主流で
今回も ICリレー に交換しました。

サービスマニュアル によれば
VTR は リレー を交換する場合
タンク を外すよう記載されているらしいのですが
タンク を外さなくても左の サイドカバー を外すだけで
隙間から作業可能です。

ICリレー は 2線式 と 3線式 があり
3線式 の場合は アース を取る必要があります。
今回使用したのは 3線式 なのですが
最初から付いていたのは 2線式 です。
これはどっちを選べば良いのか解らなかったので
3線式 を選んだ訳なのですが
どっちでも良いんでしょうね・・・。

DSC03805321f87f4



インカム

以前から Bluetoothヘッドフォン を加工して使用していましたが
電源の入切や ペアリング などが面倒なので
グリーンハウス の GH-BHRA-RD を導入してみました。

この製品も
ヘルメット 専用ではないものの
以前はいちいち ヘルメット から本体を取外して操作していただけに
ヘルメット に着けた状態で操作出来る点が非常に評価出来ます。
音質云々を言えば悪いのかも知れませんが
ナビ や radiko の音声を聴く分には
全く問題ありません。

また今回は耳掛け式の ヘッドフォン を利用しましたが
バイク 用品店などで売られている
ヘルメット 専用の スピーカー 等を使用すれば
ケーブル が短いので配線処理が楽だと思います。

DSC03798


シートカウル

アンダーカウル を黒にしたので
どうしてもそこだけ浮いて見えるような気がするので
シートカウル と ビキニカウル も黒くしてみました。

シートカウル は ヤフオク で落札し
ビキニカウル は缶 スプレー で塗装しました。

やりだすと切りが無いのですが
しかし黒で合わせると全体的に締まって見えますね。

DSC_0681


タンクキャップ

タンクキャップ を
ステッカーチューン してみました。
高い物は 3000 円くらいする物もありますが
この製品は アマゾン で 610 円でした。

怪しい パッケージ ですが脱脂して貼り付けると
しっかり密着したので問題無さそうです。
後は耐久性ですね。

DSC03756DSC03757

クリアレンズ化

前後の ウインカー/サイドマーカー を
クリアレンズ 化しました。

レンズ とは カバー の事で
交換自体は前後 4 個交換しても 10 分程度です。
注意点として
中の電球は引っ張るのではなく回転させる事と
電球を アンバー に変える事が挙げられます。

簡単に交換出来て見た目も スッキリ するので
お勧めです。

DSC03749

DSC03747


レバーグリップ

クラッチ 側の レバーグリップ が
すり減ってしまったので交換しました。

取り付けた時から少し傷がある感じだったので
そこから広がったのかも知れません・・・。

しかし ブレーキ 側より クラッチ 側の方が
頻度が高いので傷むのが早いのは解るのですが
2 月に取り付けただけなので傷むのが速過ぎますね・・・。
ちなみに ブレーキ 側はまだまだ大丈夫そうです。

DSC03709

アンダーカウル

VTR 用の アンダーカウルは
3 社種類ほど販売されている中で
エキゾーストパイプ を覆う デザイン が良かったので
コワース の製品を選びました。

注意書きに社外品の フルエキ は
干渉する可能性があると記載されていましたが
干渉する事無く適度な隙間が空いており
問題無さそうです。

ただ取付け用の ステー ですが
私の乗っている MC33 では フロント 側の貫通 シャフト を
100mm ほど切断する必要がありました。
しかし サンダー などの電動工具が無くても
金切鋸で簡単に切断できるので問題無いと思います。

あと表面保護の為に
ウレタンクリアー で全体を塗装しました。

基本的に専用設計なので
貫通 シャフト の問題を除けば
1 時間もあれば取付け可能かと思います。
体感できる程の空力効果は望めませんが
見た目の ドレスアップ 効果は絶大なので
満足できる製品では無いでしょうか。

DSC03498

DSC03329DSC03332DSC03380.

DSC03369DSC03375DSC03376


自動車税

バイク と車の税金の通知が届きました。

2.0L の車を 10 年所有した場合
税金だけでも 40 万円ほど掛かる事を考えると
車離れは仕方ないのかも知れませんね〜。

期日は 5/31 になっていて
過ぎると延滞金が掛かるそうですが
幾らくらい加算されるんでしょうね。
税金の延滞金は高いと聞くけど・・・。

DSC03675

ステッカーチューン

ステッカーチューン をすると
体感速度が 5Km/h 速くなるそうです。

ヨシムラ の ステッカー は耐熱仕様で
カーボンマフラー に貼るとそれらしく見えます。
マフラー 自体は ウイルズウィン の製品なのですが
附属の ステッカー が劣化していて使えなかったので
同じ貼るなら・・・と ヨシムラ を奢ってみました。

カウル の HONDAロゴ は
バイク は ウイング なので
"H" を切り取って文字だけにしてみました。
貼った後ですが
黒にすれば良かったかなと思う今日この頃です。

DSC03201

DSC03257

オイル交換

バイク の オイル 交換 サイクル は
車の半分が目安だと言う事で
2 回目の オイル 交換を行いました。

前回は オイル/フィルタ を交換したので
今回は オイル のみの交換です。

やっと当たりが付いたと言うか
ギアー も スムーズ に入るようになり
これからと言う感じがします♪

DSC03253

洗車

外装は時々軽く洗車しているのですが
マフラーエンド は交換以来掃除した記憶が無いなと思っていたら
案の交換以来の汚れが蓄積していました。

ガソリン は完全燃焼すると
二酸化炭素と水に分離するので
その水と埃が混ざった物が溜まって
このような汚れになってしまいます。

外側なら ゴシゴシ 洗って水で流せば良いのですが
内側なので拭き取るに留めておこうと思います。
しかしここまで綺麗になったら良いでしょう(笑)

DSC03112-01


コーヒーツーリング

コーヒーツーリング とは
バイク で喫茶店へ コーヒー を飲みに行く・・・ではなく
自分で湯を沸かして コーヒー を入れて飲む事です。

しかし湯を沸かすだけなので
特に特殊な道具も必要無く
・ガス
・バーナー
・カップ
・コーヒー
・ナベ
以上の 5 点だけのお手軽な感じです。
欲を言えば バーナー 風から遮る風防が
ちょっと必要かなと言った所です。

今回は コーヒーツーリングデビュー だったので
コーヒー だけにしましたけど
次回は パン も一緒に持って行きましょうかね〜(笑)

DSC02943-01


リアフェンダー

VTR は リアフェンダー が無く
もろに リアショック に泥が掛かるので
保護も兼ねて リアフェンダー を装着しました。

基本的に社外品しか無く
コワース / マジカルレーシング / エーテック
の 3 社から リリース されています。
今回は加工せず ポン 付け出来ると言う評価があったので
マジカルレーシング の製品を購入しました。

これで リア 周りの スカスカ 感も少しは改善され
全体的に バランス が良くなったと思います。

DSC02400

レバーグリップ

レバーグリップ なる物を付けました。

滑り止めと効果と
掛けた指を冷やさない保温効果
を狙ったのですが
保温効果はともかく
滑り止め効果は期待通りでした。

取付けは簡単で
筒状の グリップ に
石鹸水を塗って押し込むだけです。
後は隙間から パーツクリーナー を軽く吹いて
石鹸水を流すだけで乾いたら密着します。

黒以外にも 7 色くらいあったので
もう少し冒険すれば良かったかも知れません。

DSC02401DSC02463

半年点検

VTR も納車から半年が過ぎ
6 ヶ月点検を受けました。
半年間の走行距離は 2300Km となり
これから季節が良くなるので
12 ヶ月点検を受ける頃には 50000Km 強まで
伸びそうです。

所で メンテナンスパック に入っておらず
今回は 8000 円程度掛かりましたが
軽量とは言え人間を乗せると 200Kg を超え
それが高速道路では 100Km/h 巡行も可能な事から
やはり定期的に メンテナンス に出すのが
事故防止の一つになると思います。

流石に国産車であり
250 の カブ とも言われているだけあって
各部の増し締めと注油
チェーン の調整だけで
今回は特に不具合は見付かりませんでした。

しかし先日交換した マフラー
現行の規制では バッフル が溶接されていなければならず
次回入庫する時は取り敢えず ボルト で
固定して来て欲しいと物言いが付きました。

i (1)

DSC02450

マフラー交換

オプション でモリワキ や無限の マフラー が選べるのですが
せっかくなので ウィルズウィン を選びました。

VTR の場合 サイレンサー まで一体になっており
サイレンサー だけ交換する スリップオン の設定が無く
フルエキ となるため
5000 円の工賃は惜しいと思いつつ
ショップ に交換をお願いしました。

排気音は サイレンサー を付けた状態では
純正と変わらず効果が実感できないので
現状は外してあります。

やはり小排気量でも Vツイン なので
4000~5000 回転辺りで走っていると
独特の ドコドコ 感がいい感じです。

DSC02154

DSC02127


ビキニカウル

ネイキッド の宿命として
高速走行時の走行風がきつかったので
ビキニカウル を付けてみました。

今回購入したのは
4000 円で売られている汎用品で
期待していなかったものの意外にもぴったりでした。
しかし裏側は無塗装で素材丸出しの値段相応だったので
下地処理をして艶消し ブラック で塗装しました。
ボディー と同色の パールホワイト も考えたんですが
やはり計器周りは ブラック の方が良いですね。

取付けは
ライトユニット と共締めする形になるので
スペーサー が セット になった ボルトセット も
一緒に購入しました。
スペーサー を樹脂で自作する人もいますが
加工などの手間を考えたら
ボルトセット を購入した方が早いように思います。

それで カウル を付けて変わったのか?
流石に フルカウル には負けますが
それでも首から胸に掛けての走行風が緩和され
少しは楽になした。

DSC02183

VTR250VTR250VTR250

VTR250VTR250VTR250

レバー交換

カスタム の定番である レバー を交換しました。
アジャスト 機構が付いており
10mm 程度手前に動かせるのですが
速度が上がって来ると
たかが 10mm でも随分楽になる物です。

シルバー の レバー から
ブラック の レバー に交換した事で
ハンドル 周りが締まった感じがします。

所でネット では 3000 円程度で豊富に出ているのですが
量販店では 1 万円以上で販売されており
ネット で低価格で出ているのは
恐らくそれらの コピー 品では無いかと思います。
しかし単純な構造の物なので
まあ大丈夫でしょう(笑)

DSC01850DSC02091

タンデムグリップ

リア 周りが少し寂しいので
ハリケーン の タンデムグリップ を付けてみました。
この製品は車種専用設計になっており
ボルト を交換するだけのお手軽 カスタム です。

一応 タンデムグリップ なので
タンデム 走行時の持ち手になる訳ですが
タンデム 走行はしないので単なる飾りです。

しかし飾りにしては少しお高いので
星を 1 つ減らして 4 にしておきます。

DSC01995DSC01949

シートバッグ

ロードスポーツ は
荷物を入れる スペース が全く無く
トップケース にするか シートバッグ にするかが永遠の テーマ で
今回はシートバッグ を選択しました。

購入したのは ゴールドウィン の GSM17303 で
通常は 10L で使用し最大 15L まで容量が増やせます。

実際に カメラ などを入れたのが下の画像で
一泊二日分の荷物なら余裕で入るそうですが
雨具等を入れると少し厳しいかも知れません。

DSC01949DSC01950DSC01952

納車!

普通二輪を取ったら
バイク を買おうと言う事で
車との兼ね合い上
車検が無く丈夫で維持費が安い
250cc の ホンダ VTR を購入しました。
しかも
この クラス では数少ない日本製だそうです。

スペック や レビュー は
山のように出ているので省略するとして
まさか
この歳で バイク に興味を持ち
免許まで取って バイク を購入するとは・・・

取り敢えず
二輪は路上教習が無いので
近所の パトロール から始めて
徐々に公道に慣れて行こうと思います。

DSC01659


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ