Z400GP

Z400GP を作る

前回の投稿で
次回は完成後の ポートレート と
まとめ動画を アップ すると投稿しておきながら
あれから 1 ヶ月以上放置してしまいました・・・。

なかなか動画にまとめる時間が無くて
間が空いてしまった訳ですが
しかし古い青島の キット でありながら
素組でもここまで仕上げられるので
出来が良い キット だと思います。

一番の難関と言えば・・・
ホイール の塗装くらいですかね〜
と言う事で今回で Z400GP は終了です。
年内に終わって良かったです(笑)

Z400GP

Z400GPZ400GPZ400GP


Z400GP を作る

前回継ぎ目を埋めた マフラー を組みつけて
ほぼ完成です。
この マフラー は少し調整が必要で
この キット 唯一の調整 ポイント だと思います。

次回は ポートレート と
まとめ動画を アップ したいと思います。

DSC03763

Z400GP を作る

フロントフォーク を組み付けたので
バイク らしくなって来ました。

マフラー も継ぎ目を消す必要があるので
今回は瞬間接着剤で埋めて
均しました。

しかし 400cc で 2 本出しとか
贅沢な仕様になっており
時代を感じさせられます。

DSC03700DSC03740

Z400GP を作る

4 気筒空冷 エンジン は
6ピース の パーツ で構成されています。
また空冷 エンジン の特徴である
放熱 フィン もしっかり再現されており
気合が感じられます。

サクッ と エンジン を組んで
フレーム に載せてみました。

特に調整しなくても
この状態なので
良いんじゃ無いでしょうか。

DSC03526DSC03646

Z400GP を作る

スイングアーム を仮組して
問題が無かったので
塗装して仕上げました。

エンジン の一部も フレーム として機能しているので
組込むのは エンジン が完成してからになります。

古い キット とは言え
ここまで サクサク と組めています。

DSC03512DSC03517

Z400GP を作る

リム の塗装を仕上げて
フロントフォーク を仕上げました。

マスキング の面倒臭さから
何度も挫折しましたが
やはり塗り分けると全然違いますね。

面倒臭いのはこれだけなので
後は サクサク 組めると思います。

DSC03503DSC03515

Z400GP を作る

フロントフォーク と フェンダー も
特に修正の必要も無さそうなので
リム と一緒に塗装しました。

リム は
取り敢えず ボディー 色で塗装して
その後 マスキング をして
シルバー で塗装しようと思います。

うまく行けば
1 回目に投稿した箱絵と同じに仕上がりになるはずです。

DSC03334DSC03439

Z400GP を作る

タンク や カウル を塗装したので
一旦 フレーム と合わせてみました。
やはり フレーム と合わせると
バイク らしく見えますね。

バイク の場合
特にこの モデル は塗装する場所が少ないのですが
実は リム に部分的に カラー が入っており
それをどうやって塗装するか
まだ良い案が浮かんでいません・・・。

DSC03287DSC03291DSC03292

Z400GP を作る

先に タンク などを合わせて
継ぎ目を ポリパテ で埋めました。

こう言う地味な作業が
塗装した時に生きて来るので
根気強く紙やすりで均します。

DSC03280DSC03286

Z400GP を作る

行きつけの茶屋に
マスター の コレクション である
Z400GP が飾ってあります。

年式までは聞いていませんが
この モデル は 1982 年に市販され
その年の鈴鹿 4 耐では優勝をしました。

所で 80 年代の カワサキ と言えば 1986 年に公開された トップガン で
主人公の マーベリック(トム・クルーズ) が乗る GPZ900R が
未だに根強い人気を誇っています。

そんな Z400GP
アオシマ から リリース されており
たまたま店頭で発見したので
ちょっと作ってみようと思います。
実は バイク 模型は初めてで形になるか心配です・・・。

DSC03245

DSC03247DSC03244DSC03241
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ