今週の「TOKYOエアポート・・・」は
GPS が ハッキング されると言う シナリオ でした。
しかしこれは単に ドラマ の世界だけではなく
実際に危惧されている事でもあります。

現に米国では中国製の通信機器の排除を強化し始めています。
対象は Huawei と ZTE で
Huawei の CEO は元人民解放軍の軍人であり
また両社とも中国共産党の言いなりだとも言われています。

要は何が問題かと言うと
製品の プログラム に悪意のある コード を仕掛けておき
一定の所まで行き渡ると
その コード を実行して機能を マヒ させる・・・
なんて サイバー 攻撃が可能であると言うことです。
しかもその サイバー 攻撃は既に始まっており
同社の製品が真夜中に勝手に作動し
中国へ大量の データ を送信している・・・
と言うフシの報告が上がっています。

data